2014年12月29日

年越大祓

冬至の前の日に行われた年越大祓式に参加してきました。半年の間に知らず知らずについた諸々の罪・咎・穢れを、自分の身代わりの形代に移し(左、右と体を形代でなで、最後に息を吹きかける)神前に納めて大祓の御祈祷をしていただき、あたしく迎える年の無病息災をお祈りしていただきました。

参加したのNPO法人日本文明研究所の儀式です。火打ち式から岩笛で神様にお降りいただき一連の儀式が執り行われます。粛々と進んでいく中、お二人の巫女さんたちの巫女舞があり舞い終わるとお二人の巫女さんたちが参列者の間を五輪の鈴を振り鳴らしながら走り抜けていきます。この時は頭を下げているので見えてはいないのですが、ささささと衣擦れの音と鈴の音が耳元を駆け抜けていき心地よさが広がっていくのを感じます。形代が燃やされ半年間の穢れが天に昇って行きます。その間おひとりの巫女さんが舞を捧げます。最後に神様にお榊を捧げ神様にお帰りをいただく岩笛がふかれて行事が終了し、その後直会で神様に捧げたものをいただくというところまでが一連の式になります。
空気感が凛として澄んでいるのがとても気持ちがよいもので、ここ何年か続けて伺って今年一年の無事と健康を感謝し福島の復興をい日も早くなることを祈っています。
ほかの神社での様子はわからないのですが、いろいろなやり方がきっとあると思います。が、2時間近く時間をかけて丁寧に進められるところはあまり知らないです。まあ人それぞれ好みも違いますので。

そんな正式参拝は面倒だわなんて思う人もいらっしゃるでしょうが、最近は大きな茅の輪を作ってある神社を数あるように思いますので、あと数日で新年ですが新年を迎える前に茅の輪繰りで穢れなどを落とし新たな気持ちで新年をお迎えになるとよいのではないでしょうか。
その時はくぐる前に礼をし、左、中、右、中、左、中、拝殿、参拝となります。やってみてね。
来年はきっと良い年になるということを信じて、今年も読んでくださいましたありがとうございました。
ではまた来年。
posted by おばー at 11:21| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

江の島詣で3

長らく時間が空いてしまいましたが続きです。
中津宮から奥津宮へIMG_3577.JPG
奥津宮の拝殿天井には八方にらみの亀の絵が IMG_3575.JPG こちらはレプリカね 実物は社務所で保管されているそうです。 どこから見てもこちらを見ているように見えるので八方睨みとか。江戸時代に書かれたものを平成6年に片岡華陽氏が復元されたと説明があります。なんでこのようなカメを書いたのだろう。きっと作者の意図があるのでしょうが不思議ですね。
 江の島は龍があちらこちらにいます。奥津宮のお隣にも竜神様がいらっしゃるし
岩屋IMG_3590.JPG の中にも竜神様IMG_3592.JPG
江の島は昔から龍神信仰の地として栄えてきたということなのであちらこちらに竜神様がいても不思議ではないですね。「天女と五頭龍」という伝説も残されているそうです。

「公園で愛と感謝のセレモニー」の会ですので観光をした後は感謝行で締めくくられます。
いつもは人の少ない場所を選ぶのですが、江の島は人の少ないところなんてない!
でも波動の良い場所、かつ人が近づかない場所がここIMG_3583.JPG そう奥津宮のお隣のこの龍神様のお宮の敷地内のあるスポット。自然への感謝の言葉を参加者一同でとなえ1分間瞑想へ入りました。目を閉じて瞑目しているうちにエネルギーがぐるぐると頭のてっぺんから体を包み込み…
翌日から頭のてっぺんが痛くて、頭痛なんてしばらくぶりです。なんか百会がどんどん開かれていくような感じがしばらく続きましたが冬至を前にした昨日この痛みが消えました。不思議。
今日は19年ぶりの朔旦冬至とか。旧暦の11月1日と新月が重なり、太陽のエネルギーと月のエネルギーが重なって上昇していくのだとか。陰極まれば陽となるですね。皆様良い一日をお送りくださいね。江の島詣でこれにてお終い。
posted by おばー at 10:50| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

江の島詣で2

皆さん選挙はいきましたか? ちゃんと考えて投票したと思いますが、マスコミの戦略勝ちでしょうか。投票率の低さも気になりますが…
気分を変えて江の島詣での続きです。
ウン十年前に行ったときにはなかった施設がいろいろあって、中津宮に行く途中に展望台があってそこからは筑波山がうっすらと。IMG_3549.JPG
サムエル・コッキング苑は明治18年完成というから古いのね。下の参道しか歩いていないからここまで来られたのもエスカーのおかげです。
IMG_3551.JPG 苑の中にあるとても良い気を感じられるシダジイの大木。触れないのが残念。
藤沢市の友好姉妹都市エリアにある昆明広場にはリスがいました。

続いて訪れたのが展望灯台IMG_3554.JPG シーキャンドルという名前がついています。夜ライトアップされると遠くから見るとキャンドルみたいに見えるのでしょうね。
展望台から見た海がきれいでしたIMG_3558.JPG

なかなか神社の写真が出てこない(笑)
またまた続きます。
posted by おばー at 11:19| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

最高裁判所裁判官国民審査の記事一部訂正

前々回で最高裁判所裁判官の国民審査についてアップしましたが、罷免したい裁判官の名前に丸を書くと書きましたら〜 間違っていました。ごめんなさい。正しくは×をつけるでした。
私が住んでいる関東地方は今夜から14日にかけて雪が降る予報が出ました。なので動けなくなって選挙に行けないのは悲しいので急いで期日前投票へ行ってきたのです。そしたらね前記の間違いがわかりまして…
大慌ての訂正です。ご迷惑をかけました。
期日前投票はいたって簡単です。義務および権利を果たせてほっとしました。
皆さんも選挙に行きましょうね。高々10パーセントとか20パーセントとかの国民の支持で大手を振ってやりたいことやられたらたまらんですよ。
みんなが納得できる政治をやってほしいものです。
posted by おばー at 16:23| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

江の島詣で

ウン十年ぶりの江の島へ行ってきました。昔も人気だったけど今でも人気なのね〜 土曜日とあって結構な人ででしたが押すな押すなというほどではなくほどほどの込み具合でした。夕方からはイルミネーションがともるので帰り道では上に行く人たちで参道はにぎわっていましたが…
IMG_3526.JPG
江の島や湘南海岸はトンビがたくさんいます。うっかりしていると手に持った食べ物を持っていかれるとか。それも後ろからやってきて持っていくんですって。たくましい。
IMG_3533.JPG
江の島神社辺津宮石の鳥居にかかった扁額。読めなーい。
IMG_3537.JPG
辺津宮の鳥居。この奥に石で掘られた弁天様がいらっしゃいます。
IMG_3541.JPG ここは奉安殿。八臂弁財天と妙音弁財天がお祀りされているとか。拝観はしなかったので…
その隣にある八坂神社IMG_3543.JPG で拝礼のお作法を復習。
この日はサトルエネルギー学会の「公園に愛と感謝のセレモニー」での江の島詣でです。初参加の方も多くいて川口先生がお参りの時のエネルギーワークなどをちょこちょこと解説してくださいました。
江の島の案内図です。IMG_3548.JPG
若かりしき頃に来たときは奥の院まではいけなかったのですが、今はなんと便利なエスカーという乗り物というかエスカレーターが辺津宮から奥津宮までをつないでいて山道を歩かなくてもいいんです。なんと便利になったことか…
つづく
posted by おばー at 09:42| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

最高裁判所裁判官国民審査

衆議院選挙の時に一緒に行われる裁判官審査。いつもこれって何?というまま何もしないかすべて丸を付けてみるとかしてたので調べてみました。
裁判官は国家公務員だから自分で選ぶことはできないけれど、最高裁判所の裁判官は任命されてから初めての衆議院選挙の時に国民審査を受けることになっていて、その審査から10年経過した後の衆議院選挙でも審査を受けるんだって。で気に入らない裁判官がいたときはその裁判官の名前の欄に丸印を付けるんだって。気に入らないなら×をつけそうだけど×を付けるとその投票は無効になるというので気を付けましょう。でも裁判官なんて縁がないし一体誰がどんな人なのかも知らないし〜どうでもいいんじゃないの… なんて思っていましたよ私。でも国家を相手に裁判をした場合で最高裁判所まで話が行ったとしまして、その判決を決める裁判官の主義主張なるものが国家にべったりなんていう場合は国家寄りの判決が出ることになってしまうのではないか…と思い至りまして。審査を受ける裁判官の実績とか考え方だとかがわかれば審査する参考になるのではとチェキしましたらこんなサイトがありました。

http://matome.naver.jp/odai/2141640588147360901
(続)次の衆議院選挙までに知っておきたい「最高裁判所裁判官国民審査」のこと2014版

このサイトに今回審査される裁判官の記事がリンクされていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by おばー at 14:59| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

選挙のことあれこれ

衆議院選挙が始まりました。一票の格差なんて言われながらね〜
なんかいつも思うんですが国会議員の数って多くないですか? もう少し少なくてもいいような気がするのですが… 一人あたりのお給料が年間だいたい2370万円。これに文書交通費が1,200万円。平の議員で計3,570万円。役職手当が付くともっと多いですよね。衆議院の数が約420人で総額1,400,400万円ってすごくないですか? 人数を単純に半分にしたら749,700万円の国費の節約になりますよね。選挙区なんかの割り振りがあるからそう単純にはいかないかもしれませんけど。素人考えなのですが一つの都道府県の最低確保を一人にして、人口割にすると大都市優勢になってしまうので、面積割とか過疎地優遇措置とか考えて一区画4〜5人にすると190〜から240人ぐらいに収まるのではないかな〜なんて… 今の小選挙区だと立候補者も限られてうちの地区なんか毎度おなじみの顔ぶれで新鮮味がないのですが、それに加えて地元との癒着も起きやすくなりますよね。だから選挙区を広く取ったらいいんじゃないかと… 議員さんはきっとお金がかかるなんて言い出すかもしれませんが…


最近コスタリカの選挙制度を知る本に出会って これね

地球村紀行Vol.3 「軍隊を廃止した国コスタリカ〜平和は民主主義から〜」高木善之 NPO法人ネットワーク地球村発行

コスタリカの選挙は4年に一度 選挙期間は4か月 とことん自分の考えを有権者に説明する場がある
小学生のうちから選挙について学ぶし実際の選挙に合わせて立候補者の考えや自分が考える国の在り方などを勉強し、模擬投票も行われるということです。

日本の選挙の投票率は40から50パーセントぐらいの低い数字ですが、コスタリカでは80パーセントぐらいまで行くそうです。
なぜ選挙が必要か、立候補者はどんな考えを持っているのかなど小さい時から自分で考えて投票する癖がつくのと、いきなり20歳になったから選挙に行きましょうと言われるのとじゃ選挙に対する姿勢も考え方も違いますよね。
今度の選挙には間に合わないけど国会議員の定数削減と選挙教育。これからは真剣に考えていかなくちゃいけない問題なのかもですね。


投票率の低さは自分の国の未来を誰でもよいから勝手にやってと言っているようなものですから、本当に国を愛しているなら選挙に行こうね。
愛されて行動を起こされると困る議員もいるかもしれないから、そのへんはちゃんと見極めてね。困るような議員はパスですよ。
posted by おばー at 16:19| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

モモ

ミヒャエル・エンデ作 大島かおり訳 岩波書店発行
とても有名な本なので読んだ方もたくさんいらっしゃると思いますがあえてお勧めします。
私ももう何年も前に読んでいて、心の片隅に時間泥棒が残っていましたが、今回あらためて読んだら私の勘違いで、時間泥棒ではなく時間貯蓄銀行の職員たちだったんですね。
人の時間を勝手に盗んだのではなく(勝手に盗まれたんだと思い違いしていました)、契約によって人が自らすすんで自分の時間を貯蓄に廻していたんですね… 何のために? 将来の生活をゆっくり送るために…
そのために今の生活があわただしくなり、子供たちは親の愛をお金や物に変化されたもので受け取り、しょうがないと諦め自らの頭で考えることを大人も子供も放棄し……
ね、何か現在と似ていませんか? 
テレビやメディアから流される情報だけを信じ、信頼し、自分の頭で考えることを放棄し、ほかの人たちとの共通点に安堵し… って。怖いですね〜 一体誰の人生を送っているのでしょうね〜
選挙も近いしここらで人の意見だけではなく自分の心と頭で考える習慣を取り戻すチャンスかも…
読んだ方もまだ読んでいない方も、もう一度読まれることをお勧めします。児童書なのでファンタジーといえなくもないですが深いですよ〜 
私も何度も読み続けるつもりです。
お勧めの一冊でした。
posted by おばー at 09:51| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

最近起こったこと

何日か立て続けにアンケート調査なるものの電話が入りました。
最初は日本経済新聞の職員を名乗る人からで、消費税増税に関しての意見調査というものでした。意見調査というものの年収とか世帯数とか聞かれてうっかり答えてしまったのが誤りのもとかと今にして思えば思うのですが… 次にかかってきた電話はNPO個人情報なんとかというところからで、ご心配ありがとうと言ってすぐに電話を切りました。その次が茨城県年金受給課というところから年金受給者ですかという電話。これも答えられませんと言ってすぐに切りましたが、気になって茨城県のホームページを見るとそんな課はないですし、心配になって消費者生活センターに聞いてみました。
そうしたら、何とか詐欺というものの新たな手口として、あらかじめ世帯情報を仕入れてからもっともらしい電話を入れてことに及ぶものが増えてきているらしいというのです。敵もさるもの…
なんだかすべてに疑い深くなるのも嫌ですが、被害に合わないためにも防護体制をとるしかないのかなと…
なんだか世知辛い世の中で窮屈になってきましたね。そんなことも言ってられない。お互い気を付けましょう。
posted by おばー at 14:45| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

冬ですね

このところ朝霧の立ちこめる日があり何となく神秘的〜とわくわくしています。霧の朝の独特なにおいが何となく好きです。あ〜ふゆがきたな〜と…
そんな霧が晴れた後小さな虹発見IMG_3518.JPG
虹を見ると心が躍ります。ふふふ


昨日は運転中に強烈な夕日に道路が見えないよーなんてこともあり、太陽サンが私もいるのだと自己主張(笑)
で、今日の太陽サンもとてもきれいな光を届けてくれました。
IMG_3524.JPG
空気が澄んでキンキンと冷える朝がこれからしばらくは続くのかと思うと思はず身構えてしまいますが、そんな澄んだ空気の時は遠くの山がはっきりと見えて…
特に思いがけずに富士山が姿を現した時の感激はひとしおです。ちょっとした楽しみがあると寒いけれど冬も良いものに思えます。なんて単純な私(笑)
posted by おばー at 11:47| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする