2015年06月08日

チャップリンの映画「独裁者」から

「独裁者 床屋の演説(日本語)」がユーチューブで見られます。
その抜粋

人類は互いに助け合うべきである。 他人の幸福を念願として、互いに憎しみあってはならない。

人生は自由で楽しいはずであるのに、貪欲が人類を毒し、憎悪をもたらし、悲劇と流血を招いた。

機械は貧富の差を作り、知識を得て人類は懐疑的になった。知識より思いやりが必要である。思いやりがないと暴力だけが残る。

人々は失望してはならない。自由は決して失われぬ。

諸君は機械ではない!人間だ。心に愛を抱いている! 愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ!
諸君は幸福を生み出す力を持っている。

人生は美しく自由であり、すばらしいものだ! 世界に自由をもたらし、国境を取り除き、貪欲と憎悪を追放しよう! 良識のために戦おう。

この演説は本物の独裁者の演説ではなく、独裁者と入れ替わった床屋のチャーリーのメッセージ。市井の一個人の演説というラストシーンにチャップリンからの深いメッセージが伝わってきて心打たれました。
posted by おばー at 10:11| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

こぶの手術

何年か前の記事で、左足のひざ下にあるこぶがガングリオンなのか?と書いたことがあります。
何年もともにしていて、痛みもなくまーちょっとかっこ悪いなーぐらいだったのでほっておいたのですが…
2月中ごろから左足にしびれ感があり、1時間ぐらい同じ姿勢でいると左足が固まって動き出すまで痛みが出てきていました。
そんなころ娘が足の踵にできた腫瘍(別に悪いものではなかったのですが)を手術でとることになり、実は私にも…という話をしたらすぐにお医者さんへ行けということになり… 
最初に見てもらったお医者さんから紹介状をいただいて町の中核病院で見てもらいましたところ、ガングリオンではないがとったほうがよいということで、初診から約一ヶ月で手術をしました。
麻酔注射が痛かった。部分麻酔なので手術中先生と会話をしながらだったのですが、1時間半は長く感じました… もう途中で「もういいよ、やめようよ」と心のなかでつぶやいていました
取り出すときは引っ張っているのがわかるので腹筋にやたらに力が入って、翌日は筋肉痛に… 何でこんなにおなかが痛いのかと思ったら、そうだあの時力入れていたっけと思い当たり一人で大笑い
結果こぶの中身は老廃物だそうで、良かったです。
転んだときにぶつけてできたこぶが袋状になり、その中に行き場を失った老廃物がたまり、座るたびに押されて体の奥深くまで進入していたらしいです。
とった後はしびれ感も薄らいで固まり具合も緩和されてきているので、こぶが血管やリンパを圧迫していたせいではないかと素人解釈しています。
痺れについてお医者さんにも話したのですが、担当医は形成外科でしびれは整形外科のお医者さんの担当らしく明快な答えはありませんでした。抜糸してまだ3日ぐらいなのでしばらくこのまま様子を見たいと思っています。
それにしても症状別担当ではなく総合的に体全般を一人のお医者さんが見てくれるとありがたいですね。
外科に内科に泌尿器科なんていったらそれこそ1日では終わらず毎日医者通いなんてことになりそうだし、医療費も大変そう。何とかならないのでしょうかね〜

ま、とりあえず長年の懸念が解消したということでよかったです。
posted by おばー at 13:44| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

魔法の杖

002.JPG
5月9日に作り始めた魔法の杖がやっと完成。
マドモアゼル愛さんの「魔法の杖セミナー」に参加して作ったものです。
以下に美的センスがないかよくわかりますね

まーでも世界にひとつだけしかない自分の杖ですから…

UFJでは決して売ってはいないものです

これで日本に魔法をかけちゃいます フフフ
posted by おばー at 14:32| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

一粒300円の幸せ

5日のこどもの日に上野へ「英国博物館展」を見に行ってきました。
物でたどる歴史というテーマでエジプトの棺から始まって現代までの100点の工芸品、美術品が展示されていてなかなか面白かったです。昨年行った台湾故宮博物館展はヒスイの白菜が目玉展示されていて4時間も並びましたが、今回は目玉といえるほどのものもなく20分待ちで、まーすいているほうでした。ゆっくりと見学することもできアカデミックな空気を味わうこともでき有意義な時間をすごすことができました。
館内のレストランで食事をした後は、上野からシティバスで谷中へ。このバスは行き先方面が3通りあって、浅草、スカイツリー、谷中・千駄木とどれも100円。とっても便利。谷中・千駄木は歩いてもいけるので散歩にぴったりですが、今回はバスで。乗ったバスで途中から席を譲られて座ったお隣の方は谷中在中。谷中の名所、名物いろいろと楽しい話が聞けました。バスの中から見ると有名どころはどこも行列。みんな忍耐強い(笑) 一緒に言った娘は千駄木在中で谷中で買い物がしたいということで、夜店どおり前で「気をつけて」と元気な声で送られながら下車。目当ての肉屋さんは6日までお休みで谷中銀座へ。相変わらず込んでますね〜
それも以前きたときより外国の人の数が増えている。お店の人も英語で応対している。! 
バスでご一緒した女性が谷中は観光地になって生活用品を売る店が減ったと嘆いていましたが、確かに小さな八百屋さん兼スーパーが一件とメンチで有名になった肉屋さんが2件。あとは観光用の物品店、アイスとかお菓子とかのお店が多く商店街ではなくなっていますね。といいながらも私も観光客です。ぶらぶらしながら、あっちへこっちへとお店をのぞいては値札を確かめ地元と比較などしながら歩いていました。(結局何も買っていません)
最後に寄ったのがパティシェイナムラのチョコレートやさん。ショーウインドーの中にはおいしそうなケーキが並んでいます。カフェの順番待ちもそう多くないのでここでお茶をすることに。
久しぶりにコンビに以外のケーキを食べておいしかった〜 で、お持ち帰りでチョコレートを買ったのですが、これがタイトルの一粒300円。お店の奥で手作りしているのでしょうがないです。どこでも買える有名な高級チョコレートとは一味違います。でも買ったのは3種類3粒。900円です。
一人ゆったりとした時間とともに味わいます。う〜ん贅沢。
なんにでも幸せを感じられるという私なりのチュー安上がりな休日でした。
posted by おばー at 10:06| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

つれづれに

ゴールデンウィークも早終盤。今年も近場をうろうろとするぐらいでゆったりとした時間をすごしています。

最近夢というテーマのブログ記事を続けて読んで早速試してみたりしています。夢は将来の夢とかではなく寝たときに見る夢ね。
雲 黒斎さんの「スピリチャル解体新書」記事では、「夢を見たときにこれは夢だと目を覚まさずに判断する」というワークショップ的なことが書かれていて、昨夜早速やってみたのですが、これは夢だと思ったとたん目が覚めているというのを1時間おきぐらいにやって… 結局3時過ぎに目が覚めたのを最後に熟睡してしまい、夢の中で夢だと意識することはできませんでした(笑)

でもこれをやる忌みみたいなものはなんとなくわかっているのでこれからも続けていくつもりです。

もうひとつは、椿さんの座敷わらし多恵ちゃん改め「虹の壷」の記事。
こちらは夢の重要性。この夢も寝たときに見る夢ね。
夢からのメッセージを受け取ることがとっても重要という話なのですね。

私夢を見てもあまり覚えていたことがないので… 一度枕元にノートをおいて夢を記録したことがあったけど続かなかったのですよ。

黒斎さんと椿さん。まったく違う視点のようですが、微妙に一致してたりするのもおもしろいですね。

これからは夢に着目する時代かな?
posted by おばー at 10:34| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

金か命か

福井地裁が高浜原発3,4号機の再稼動差し止めの仮処分申し立てを認めた。関電が想定する基準地震動を「信頼に値する根拠が見出せばい。基準地震動を越える地震が起きれば、炉心損傷にいたる危険性が認められる」として再稼動を認めない判決を出したのだ。すごい快挙だと思う。これに対して感電は18日異議申し立てを行った。
原発周辺に住む人たちも賛否両論あるようだが、究極の選択は金か命か、だと思う。

前回紹介した「終わりなき危機」によれば、事故があるたびに政府も電力会社も製造会社も口をぬぐって隠してきたようだ。もしくは事故の影響力、被害の大きさを小さく見せることにエネルギーを使ってきた。日本だけのことではない。アメリカも同じことをしてきた。
しかし、事故が起きてからの人的被害や経済的なリスクよりは、廃炉に使うエネルギーや経済的リスクのほうがはるかに少ないと思う。根拠はないけど…

あなたは海も川も土地も汚れたまま子孫に渡すのでしょうか?
ま、そのころには人間の遺伝子も変化して別の種類になっているかもね。

それまで何年かかるかわかりませんが…

現状としては 命をとるか金をとるか。で 大きく将来が変わってくるのではないだろうか?
さあ あなたはどっち。
posted by おばー at 11:05| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

原発関連

東日本大震災復興という言葉の影でいまだに終わらない福島第一発電所の原発事故については、だんだんと情報量も少なくなってきていて現状から目が離れてきているのではないかしら? 実際故郷帰還事業なんて始めようとしているし、他の原発を再稼動もしようとしている。
ところが原発から200キロ近くは離れている当地でもいまだに放射能汚染は続いていると疑いたくなるような空気の汚れを感じる。原発事故は今後収束するのか? 何年ぐらいかかるのか? というようなことを不安ばかり感じていてもしょうがないので今こんな本を読んでいる。

「終わりき危機 日本のメディアが伝えない、世界の科学者による 福島原発事故研究報告書」
株式会社ブックマン社発行 1,800円+税

チェルノブイリでの事故による子供たちへの病気への危険性など多肢にわたって19人の科学者と福島事故当時の総理大臣の報告書がまとめられた本で、読んでいくうちに絶望的な気持ちのもなるが、腹も据わってくる。覚悟をつけさせてくれる本ともいえる。
原発は福島だけの問題ではない。日本には海岸近くに多数の原発が存在し、いままさに再稼動をしようとしている。新たな安全神話もつうられようともしている。
政府の安全神話に踊らされず、原発の近くに住む人は事故の可能性についてもっときちんと考えたほうがよいし、事故が起きたときの覚悟と対応策も準備しておいたほうがよいと思う。

地震の多い日本では決して人事ではないのだから。

posted by おばー at 10:53| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

エープリルフール

先ほど、国内の原子力発電所は今後一切稼動させない。すべて廃炉にし、世界への輸出も一切しない と総理大臣が発表しました。

なんてね。

協はエープリルフールです。

うそから出たまことになりますように…
posted by おばー at 10:00| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

久しぶりの更新です

およそ一ヶ月ぶりになります。この間仕事に熱中していてやっと落ち着きました。
なぜ熱中していたかというと
パソコンが壊れました〜〜
昨年1月に買ったウインドウズ7.一年の保障期間が終わりメンテナンス継続契約を大丈夫だろうという気持ちでしなかった直後、動かしている最中に動かなくなり、メーカーに連絡。
故障原因を調べている最中ビーという危険を知らせる不快な音が…。
それを聞いたメーカーさん、電話の向こうで「これはもうだめです。電源を切ってください」と無常な通告。
えええええええええ
だって仕事をしている最中ですよ…… 中に入っているデーターは??
バックアップしていなかったんですよ〜
え〜ん
ということで、マーいろいろ大変でした。
中に入っているデーターを取り出すための業者さんという方も紹介して下さったのですがお値段が……
新品を買って最初からやり直すということで、だってそのほうがずーと安いんですよ。
大変なのは私の体力と頭を酷使しなければならないというだけなので懐は痛むことは痛みますが、データーを取り出すことに比べたら安いもんです。
というわけで物理的に仕事に熱中しなければならない状態が作り出されたわけでして、
まー心機一転ということで春分の日を過ぎた今日更新に相成りました。
人生っていや〜面白いもんですね。
posted by おばー at 10:29| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

王子稲荷

2月11日は初午 毎年恒例の火防凧(ひぶせたこ)IMG_3657.JPGをいただきに東京北区の王子稲荷へ出かけてきました。
祭日とあってすごい人の数IMG_3651.JPG
拝殿下の階段にたどり着くまでに40分ぐらいかかりました。階段下では警察官の人が縄を持って人数制限をかけています。来る途中屋台の数が例年より少ないような気がしたのでおまわりさんに聞いたところ、イベントが都内あちこちであるから少しでも稼げるところへ行っているのではないかと… そうなんだ〜 ここまでかかった時間を聞かれたので40分ぐらいかしらと答えたら明治神宮より少ないねだって そりゃそうですよね〜
そんなにメジャーではないものねなんて思っていたら、夕方のニュースで取り上げていました。
この日は神楽殿でかわいい女の子たちの神楽舞が披露されたようで巫女衣装を身に着けた子たちが親御さんたちと写真を撮っていました。かわいいですね。
境内には力石が祀られているところがあってIMG_3659.JPGここでも行列が…
お狐様の穴IMG_3661.JPGや弁天様などお祀りされていますので人の少ない時のほうがゆっくりお参りできますね。
私の場合一年に一度の参拝なのでいつも混んでいます。特に晴れた祭日は。しょうがないか…


posted by おばー at 10:15| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする