2016年08月11日

色々と

天皇陛下が個人としての思いをお話になりました。聞く立場、人によってそれぞれの感慨や考え方があるのでしょう。その後のマスコミ報道も色々と解釈がなされました。こういう話って難しいですね。
だって、正義も真実も人の数だけあるでしょうから。
で、私が感じたのは、日本の天皇制って一体何? という疑問。
えっ そこ
て言うぐらい根本的なところへの疑問なんです。生まれたときから天皇は厳然としてあり、天皇制があるのに対して疑問も不思議もわかなかった自分の意識のあり方への疑問でもありますね。
教科書や日本書記などで学ぶ天皇は第何代○○天皇とかだったりして、そもそもなぜ天皇制が生まれたのかなんて考えたこともなかった。
天皇陛下があれだけ熟慮、考慮されているご自分の立場、象徴天皇のあり方への向かわれ方へのご苦心。
これはひとつ私たちも本気で向き合わなければいけないのではないかと…
今上天皇から投げかけられた宿題ではないかと思います。
勉強のし甲斐がありますね。
posted by おばー at 11:49| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック