2016年02月11日

ミニトリップ

先週の土曜日は初午。王子稲荷で恒例の凧市が開かれ行って来ました。
昨年の凧を収め、新しい凧をいただいて、神社までの道に並ぶ屋台でやげん掘りの七味唐辛子を買い、今回は次の目的地へゴー。
飛鳥山を通って上中里までのちょっとした遠足です。王子稲荷から飛鳥山へは歩道橋を使わないといけないのがちょっと面倒。でも、王子駅から飛鳥山へは「エスカルゴ」というかわいい乗り物があるんです。坂をあがっていくミニケーブルカー。見ただけでテンションアップ。飛鳥山はこれから桜が楽しめますが、今回は通り抜けるだけ。上中里へ向かう道の途中には昔造幣局と呼ばれていた建物があって、今は名称が独立行政法人国立印刷局。今でもお札を印刷しているのかな?なんて思いながら次の目的地「七社神社」へ。ここはとっても場の良いところで、参道に入ったとたんエネルギーが変わるんです。静けさがあたりを支配し、一人ゆっくりとお参りできる素敵な神社さん。又来たいなと思ってもちょっと遠くてすぐに来れないところが難点。でも又きますとご挨拶して今日最後の目的地へ。
まーこっちがメインだったかな(笑)
知る人ぞ知るあの「平塚亭」
内田康男さんの小説浅見光彦シリーズファンなら良くご存知のお団子屋さんです。以前ここのお団子を食べたらおいしかったので、凧市にくるならと思い切って足を伸ばすことにしたのです。私が入ったときにご夫婦の先客がいて、お団子を1本づつ仲良く召し上がっていました。やっぱり浅見ファンなのかな。ここのお店はお団子だけではなく素甘もおいしいので、どちらもお土産として購入。目に留まった桜餅も一緒に購入。ルンルン気分で駅へと向かいます。上中里駅へ行くには平塚神社の境内を散策しながら、もちろん神社さんへもおまいりを欠かしません。ちょっこと頭を下げて帰ろうとしたら「名を名乗れ」って…
そうです。神様へお参りするときは、どこそこの誰々ですとご挨拶するのが良いようで、それまでおまいりしてきた神社さんではそうしてきたのに…
すみません。どこそこの誰々ですとあらためて名を名乗りおまいりしなおしました。
神社さんにお参りをするときは、皆様もお気をつけ遊ばせ(笑)
お団子おいしかったです。また行こうっと。
posted by おばー at 10:44| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433675459

この記事へのトラックバック