2015年06月20日

つらくないかな〜

最近の報道番組といっても夕方と朝の番組しか知らないけれど、ほとんどといていいくらい動でもよいニュースしかやってない。と、わたしには思える。本当に知らせなければいけない政治に関するニュースはお茶を濁す程度の時間で終わらせ、あとは芸能、スポーツ、三面記事的なものに食レポに宣伝記事…
アナウンサーやキャスター、コメンティーターと呼ばれる人たちはこれで本当に満足しているのだろうか?
給料のためギャラのため生活のためといって、本当の内面にたまるものを噛み殺し、ニコニコ笑って放送しているのだとしたら命がかわいそうだなと思う。
本来の命が求めるものの方向性は違っていたら、
噛み殺した不満や怒りは一体どこへ向かうのだろう? 外へ出せないマイナスエネルギーは自分の内部に向かい自分を攻撃してしまうのではないだろうか。
そのうち放送業界人たちの多くは病気退職が増えたりして…
お気の毒としか言いようがない。もっと素直に自分の心の声に正直に… なんてできっこないよね組織の中にいたら。
勝手な独り言でした。
posted by おばー at 10:55| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック