2014年12月07日

最高裁判所裁判官国民審査

衆議院選挙の時に一緒に行われる裁判官審査。いつもこれって何?というまま何もしないかすべて丸を付けてみるとかしてたので調べてみました。
裁判官は国家公務員だから自分で選ぶことはできないけれど、最高裁判所の裁判官は任命されてから初めての衆議院選挙の時に国民審査を受けることになっていて、その審査から10年経過した後の衆議院選挙でも審査を受けるんだって。で気に入らない裁判官がいたときはその裁判官の名前の欄に丸印を付けるんだって。気に入らないなら×をつけそうだけど×を付けるとその投票は無効になるというので気を付けましょう。でも裁判官なんて縁がないし一体誰がどんな人なのかも知らないし〜どうでもいいんじゃないの… なんて思っていましたよ私。でも国家を相手に裁判をした場合で最高裁判所まで話が行ったとしまして、その判決を決める裁判官の主義主張なるものが国家にべったりなんていう場合は国家寄りの判決が出ることになってしまうのではないか…と思い至りまして。審査を受ける裁判官の実績とか考え方だとかがわかれば審査する参考になるのではとチェキしましたらこんなサイトがありました。

http://matome.naver.jp/odai/2141640588147360901
(続)次の衆議院選挙までに知っておきたい「最高裁判所裁判官国民審査」のこと2014版

このサイトに今回審査される裁判官の記事がリンクされていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by おばー at 14:59| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック