2014年10月01日

直島観光4

ベネッセミュージアムに展示されている作品は、普通の美術館でも目にすることができる現代アートという感じかな。ど素人に私がこんなことを言っては失礼なのですが… でもここでしか展示できないだろうなという大作ばかりです。中でも面白かったのが歌うロボット? 歌ってるのか話をしているのかどちらかだとは思うのですが5人だったか6人だったが横一列に並んでいて次々に音を発していくの。何を表現しているのかわからないんだけれど単純に面白かった。その作品の前にはアリの道が展示されていて、ガラスで覆われた絵の中にありが勝手に道を作っていって、一つの絵だけではなくたくさんの絵の中に道があってねそれがつながって一つの大きな作品になっているなんてものもあって。現代アートって視点を変えたらとても面白く発想が豊かな作品ができるのだなーなんて思いました。
ミュージアムを出ると今度は歩きます。道から一つ外れて階段を下っていくと屋外展示作品がある場所に出ます。ここは写真自由 作者名は覚えていないのですが
IMG_3433.JPGIMG_3430.JPG
や 有名な草間弥生さんのかぼちゃなどIMG_3445.JPG
があり、芝生の上にはニキ・ド・サンファールのラクダや像などの作品が置いてあって子供たちが自由に乗って遊んでいました。小さい時から本物に触れるのってとても大事よね。これも福武さんの「自然と人間との関係を考える場所」というコンセプトがあってこその展示方法なのかな… 素晴らしい…
海っていいよねIMG_3449.JPG
つづく。
posted by おばー at 11:04| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406322160

この記事へのトラックバック