2013年10月07日

出雲・宮島5

昨日の補足
出雲大社の神迎え御神事は旧暦10月10日から1週間行われるそうで、詳しくはここ
http://www.izumo-kankou.gr.jp/1275
を参照してください。
で今日は日御崎神社
出雲観光ガイドによると、下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)と上の宮「神の宮」という上下ニ社からなり、両本社を奏して総称して「日御崎神社」というそうです。
IMG_2928.JPG
これは上の宮の木鼻。上の宮はすさのうのみことがおられるそうですが、なんで象?
IMG_2929.JPG
ここが下の宮
ご祭神はアマテラス様
なんだかこちらのほうが立派な建物にみえるんですけど… 説明では伊勢神宮が日の下の昼を守り、こちらの「日沈宮」は日の下の夜を守るのだとか。出雲大社は見えない世界をつかさどるという役割分担をされているという話ですが、強制的に国を譲らされた出雲族が裏に隠れたということなんでしょうかね… 大国主様に肩入れしちゃいます。
なんて思いながら日御碕灯台をちらっと見ていよいよ出雲大社様へ向かいます。IMG_2931.JPG
高さ43.65m 石積みの灯台としては東洋一の高さで、平成10年に世界の歴史的灯台100選に選ばれたそうです。この灯台の近くにはウミネコで有名な経島(ふみしま)がありますが、この日はウミネコはゼロ。ウミネコがいた痕跡だけが白く残っていました。
つづく。

posted by おばー at 20:52| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック