2012年07月28日

王子稲荷から平塚神社へ

七夕の日小雨模様ながらも「公園で愛と癒しのセレモニー」がありました。
今回は慣れ親しんだ王子稲荷から浅見光彦シリーズでおなじみの平塚神社までのコース。
慣れ親しんだとはいえ私が王子稲荷へ行くのは初午の日だけ。普段の通りは初めてに近く通りや町の顔つきが違うことに戸惑ってしまいました。へー普段はこんな感じなんだ…と。行列ができるくずもち屋さんもマー通常営業、落語「王子のキツネ」でおなじみの扇屋さんも開店休業状態。晴れの日のあのにぎわいはなんて思いながら歩いていました。いつもは用事だけ済ませてすぐに帰る王子界隈ですが、こんな近くに穴場といえるような神社が…と思ったのが王子神社に七社神社。七社神社では夏越の払いの知の輪が残っていて、御神事のお作法を教えていただきくぐってきました。境内は小雨とはいえ神気に満ちていて隠れたパワースポットといえるかもしれません。銀杏の青い実がいっぱい落ちていて見上げるほどのイチョウの大木。素敵でした。
公園でのセレモニーは飛鳥山公園で。公園内の建物は飲食禁止のためベンチに新聞紙を敷いていただいたのですが、参加者の方々が食事中は止んでいてくださいねと空の神様にお願いをしてくださったので、本当に雨は止んでくれたのです。みなさんすごい。パチパチ。感謝の祈りをささげている間も雨はなく、目を開けると眩しいくらいの金色に包まれた世界が… 初めて経験した不思議現象でした。
その後平塚神社でこの日最後の祝詞をささげ解散になったのですが、私は小説やテレビドラマでおなじみの平塚亭へ。ここのお団子がどうしても食べたかったのです(笑)みたらし団子とすあまを2個づつ買って帰り夫と夕食後にいただきました。どちらもおいしかったです。
気になっていたことが一つ解決して満足の一日でした。
posted by おばー at 11:19| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック